宮本健司の思い

元広島市議会議員の宮本健司です。
2011年5月1日付で12年間の議員生活を退任致しました。長い間たくさんの皆様に支えていただきましてありがとうございました。これからも個人的に広島の街づくり、プライベートの事について書いていきたいと思います。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

荒れた天気、荒れた議会

20110701082541.jpg

朝方大雨で、気温も下がり寒さで目が覚めました。(昨日扇風機を組み立てたばかりなのに)
我が家の菜園も今朝は水やり不要です。
昨日キュウリ、トマトの苗を下さった方と話していると、「キュウリは8本は収穫、トマトは毎朝取っている」とのこと、我が家では、ようやくキュウリが1本大きくなっただけです。

昨日は本会議の傍聴を失念しました。
本会議が荒れ、演壇で討論しているひとが、(ヤジに対し)「つまみだせ!」「くそばかたれ!」「けんかならこうたるで!」と「良識の府」にあるまじき言葉が飛び交った様です。
複数の傍聴仲間が電話をくれました。
話を総合すると、
*議場に国旗及び市旗を掲揚する決議案が提出され審議の過程で討論が有りその時の出来事だったようです。
*市民から負託を受けた議員にあるまじき発言だったようです。

国旗国家法の制定、教育基本法の改定などで、学校を始め、区役所、本庁舎前には毎日掲揚してあります。
今まで議会に掲揚されていないのが、不思議です。
我々は「日本国、国民」です!
各種報告 | permalink | comments(0) | -

政令指定都市福岡

月曜日から一泊二日で福岡に行って来ました。
以前から札仙広福と云われ何かに付けて比較されて来ました。 (仙台は東日本大震災で大変、一日も早い復興を祈念します)

福岡に行くとまず頭のコンパスが狂います。海がある方が北で太陽が照り山が在るのが南側です。
駅舎大きくなり、綺麗になっています。(九州新幹線の開通の影響かな)
人道りは相変わらず多く、広島とはかなり差があります。
中州(広島で云えば流川)は月曜日、週初めの関係かご多分にもれず、歩いている人が少なく、「中州」のイメージが狂いますした。
昨年までですと、すれ違うグループの発音が違うので「中国の方」「韓国の人達」ときずいていました。(声が大きく、しゃべり続け、国民性で自己主張が強い?)
今回の「中州」探検では出会いませんでした。
店の方に聞くとアジア方面の観光客が激減だそうです。
東日本大震災の影響とは考えたくありません。(原発事故の福島からかなり距離があり放射能の影響は皆無です)

もう一つ驚いたのは帰りの新幹線で自由席の3号に行くと各列に人が座ってます。
友達と二人なので4号車の指定席に座っていました。
車掌さんに「指定券を追加でお願いします」「この切符は特別割り引で、切符を買い変えて下さい」
「それより1号車、2号車はかなり空いていますよ}
2号車に行くと嘘のように空席がありました。
時間帯が旅行に不向きな15時台の関係があるかも知れませんが、友と曰く「新幹線大赤字だよな」

それにしても旅は良いものですネ。
各種報告 | permalink | comments(0) | -

12年間

5月1日をもって、12年間の議員生活に終止符を打ち、新しい生活に1歩を踏み出しました。
思えば、この12年間、多くの方に支えられ、また広島という町をより深く理解したいと願い、学び、夢中で過ごしてきた日々でした。人間一人では何も出来ない、人と人が協力し合って生まれる知恵や、共に目指す目標の遠さ困難さ。多くの事を学びました。

12年間、皆さん、本当にありがとうございました!

広島は、これからも大きな転換期を迎えることでしょう。新市長の行政改革にも期待がかかります。12年間の市政に携わる中で、自分に何が出来たのかと無力感に感じる時もありました。しかし、周りの

「しっかりせい!!!」

という言葉に励まされて、足を踏ん張り目の前の物事を見つめ続ける、そんな忍耐を教えられました。何よりも、仕事面でも人生面でも先輩として、社会人となってから48年間、私の活動を見ていてくれた方から

「健ちゃんよ、あんた、ホンマにようやったよ。ようがんばったよ」

と言って頂いた時は、涙が出るほどうれしく感じました。そして、他にも思いがけず多くの方から

「お疲れさん」

という手紙や電話をいただき、感無量です。
12年間を締めくくる今になって、心から自分の得たものは、こうした人と人との絆であり、その絆が少しずつ大きくなって、やがて市政に到達し、広島を変えていくのだと実感しています。

皆様に心より感謝申し上げ、そして、市民の一人として、広島の町をこれからも大事にしていきたいと思います。長い間、本当にありがとうございました。

宮本 健司

各種報告 | permalink | comments(4) | -

哀れな姿旧市民球場

20110226111759.jpg

正面玄関(バクネット裏スタンド)一塁側スタンドは完全に、三塁側スタンドの半分が跡形も無く解体されています。その姿を見て、寂しさと空しさ、憤りさえ感じます。未だになぜ急いで解体しなくてはならなかったのか、いまでも理解が出来ません。
最近会議所の移転の話しが聞こえてきません。関係者の話しでは移転に伴う諸費用問題で市との話しが食い違っていると耳にします。(以前にも、詰めて置かないといけない問題を提起しました)

今議会の予算にも関連予算があります。
1)旧広島市民球場跡地の活用 6億889万8千円
跡地利用計画に基づき、旧市民球場の解体後、緑地広場整備に着手するとともに、イベント促進に向けた具体的方 策の調査・検討を行う、費用として計上してあります。
 
 その内訳として
・旧広島市民球場解体工事(2期)2億7,000万円
・緑地広場の整備        3億  960万円
・イベント促進に向けた具体的方策の調査・検討
                    200万円
・旧広島市民球場ライトスタンドメモリアル改修設計
                    560万円
・旧広島市民球場跡地西側整備に伴う用地測量その他
                  2,169万8千円 

*建設当時の担当であった方の話しでは、一塁側のスタンド下には堀か、お城からの川があったと記憶している。

 
各種報告 | permalink | comments(0) | -

(1)2020年オリンピック関連予算

昨年オリンピック関連予算(2千6百余万円)を議会は否決しました。
裏話として、昨年の3月中程友人の設計事務所に「オリンピック開催の計画案」を書いてほしいと市の担当者から話があったようです。
友人から「議会で予算が通る可能性は?」と話があり「通る可能性は低い」と返事をしました。
友人は「どうすれば良いのか頭を抱え」自社だけでは荷物が重すぎる、仲間の事務所に相談してみる、とのこと、「報酬の話を抑えて置かないと、皆んなが迷惑するする事になる」と助言しました。
市の担当者は報酬の事には一切触れず、「何とかして欲しい」との話し、仲間が集まって数度に渡り協議したようです。
彼らが出した結論は予算が通らなかったらボランティアー精神で、人件費は各社負担、用品費、各種経費、その他費用は組合でプールして来た数百万円のお金を使うとう事でした。(十数社の組合員のお金としては大金です)
3月31日、臨時議会が招集され、市長から「再議」が図られました。(再議とは市民生活に直接影響のある重要案件)
「折鶴ミュウジアムの予算、市長の海外出張の予算(一部修正)」と供に可決されました。

友人達には経過報告もないまま、時間が経過し「オリンピック開催の計画案」は名古屋のコンサルに発注されその計画案が現在も生きています。
その後友人達には何も連絡が無いと嘆いていました。その話を聞いてまつたく自分達の都合だけで、人を利用し「人の迷惑顧みず」行政も地に落ちたと感じました。
そして又「2020年に核廃絶を記念し広島でオリンピックを開催する」からトーンが下がり、2024、2028年にいや今世紀中に開催するとの発言を耳にします。 そんな経緯の中今年度オリンピック関連予算が計上されています。
1)2020年招致事業135万8千円
  2020年オリンピック招致検討委員会を開催する開催するとともに、
  関係機関と協議を行う
  ・オリンピック招致検討委員会の開催  26万5千円
  ・JOCとの協議等           109万5千円
今年は市長交代の年です、「骨格予算」にするのが習わしだと思います。ならばこの予算は削除するべきです。
各種報告 | permalink | comments(0) | -

広島市当初予算

平成23年度当初予算が示されました。 今回の予算は4月に市長の任期が満了することから、 義務的経費や継続事業に係る経費を中心とした 骨格予算となっています。 予算規模は全会計で1兆1472億2861万6千円で 前年度と比較すると、企業会計が減になったものの 1、7%増と2年連続の増となり、一般会計では 対前年度比2、9%の増で7年連続のプラス予算になっています。 *市税収入  ★個人市民税=給与収入の微増はあるものの0、0%前年並み。  ★法人市民税=景気低迷持ち直しにより25、8%の増を見込む。  ★固定資産税=家屋の新築及び増築により増収となるが、         地価の下落による減収を見込み全体で1,2%の減  ★その他  =事業所税等増税は見込まれるが、たばこ税の減収         等により1,2%の減収を見込む。 *その為市債は773億370万となり、対前年度比7,0%  の約56億の増となっている。 *支出については、広範に及ぶ為、明日からの勉強会、 2月定例本会議、そして予算特別委員会での思い、 感じたこ とを書きたいと思っています。  
各種報告 | permalink | comments(0) | -

無料化、響きの良い言葉ですネ

昨日から、社会実験と称して広島の近郊では広島呉道路、浜田自動車道が無料化され交通量が大幅に増えたとか、昨年9月の衆議院選挙で民主党は公約の一つとして「高速道路の無料化」を打ち上げました。今回は社会実験との歌い文句で無料化にしたのは、公約実施の一部だと解釈してます。無料化については、各方面から賛否が上がっていますが、それは自分(会社)にとつて有利か不利かで判断(当たり前の話)しての見解です。
将来とも高速道路を維持、管理する為には経費が掛り、それを負担するのは税金すなわち国民の血税です。

高速道路は「時間を金で買う」為の道で有料は当たり前だと思ってます。「無駄を省いて、還元を」事実日本の高速料金は高い、その原因は何なのかを徹底的に調査し(事業仕分け)料金の値下げをして欲しいと考えます。(個人的には今の料金の五分の三、六割)
新幹線でも在来線に比べ割高で、「時間を金で買う」代償です。

外国の事例が良く解らないままに・・・・・
ドイツのアウトバーン、韓国の新空港からソウルまで広い道路は無料で、有事の時の滑走路になるよう工事されていると聞きました。又アメリカ高速道路は原則無料のようで、アメリカは車社会で車が売れることによる税収で高速道路を造り、維持管理していると聞いています。国情によって色々と違うようです。
各種報告 | permalink | comments(0) | -

ブログ書く気せず!

明日本会議で「旧広島市民球場条例廃止案」が可決する事が濃厚です。民主主義は、多数決が原則で、ヨキニツケ、ワルキニツケ、決まります。
今何をするべきか、何をしなくてはいけないか、現状を把握し判断するべきで、その判断材料として「情報、人の意見、目ぎき」が必要ではないでしょうか。パワーゲームもうコリゴリです。
各種報告 | permalink | comments(0) | -

パワーゲーム

20100619130922.jpg

議会の事をパワーゲームと表現される人がおられます。改めて広辞苑調べてみました。
パワー「力。権力。勢力。軍事力。」とあり、ゲーム「勝負事。遊戯。試合。競技。」とあります。
昨日の建設委員会「旧広島市民球場条例廃止」の議案審査を傍聴にいき、その表現を強烈に思い出しました。

4時間(消防、上下水道委員会に出席した為述べ)傍聴し、理事者側が現実を把握し、理解し、市民の為にどうしても廃止条例案を通さなければならない!そんな答弁も、ハクリョクも感じませんでした、答弁もタジタジで何時もの答弁の繰り返しでした。賛成された委員(5名)も委員会審議のやり取りを聞いて本当に、そう思われたのか、はなはだ、疑問に感じました。その点を指してパワーゲームと表現されるのでしょう。

今日旧広島市民球場に行き、内野席を歩き回りましたが、まだまだ立派なものです、そして相変わらず「折鶴の展示が正面玄関2階に所狭しと展示してあります。(教室約7部屋分使用)内部も立派です)
孫曰く、カープがここで2,3試合でもしてくれたらなーと言いながら、走り回ってました。最近の雨で外野の芝が鮮やかな緑色をしています。なにごとも合意が出来ていないままに、解体しても良いのだろうか?はなはだ疑問に感じながら球場を後にしました。

事業コンペをやり、優秀案2件、名前も、規模も、変わり、コンペ当時の面影は少しも残っていません!選考委員会の議事録を読んでも、釈然としませんし、コンペとはどう有るべきか、市の担当者は理解をしていると思います。
そんな事の積み重ねが、タジタジな答弁に成っている様に思えてなりません。
各種報告 | permalink | comments(0) | -

質疑(定例本会議)

一般質問が終わり、議案に対する質疑が有り、6人中4人の議員が「旧広島市民球場条例の廃止について」を質疑の項目の一つに上げ市の考えを再度質しました。しかし明確な答弁が帰って来ません。それもそのはず、会議所の「産業部会」が15日に開催され、市が提案をした「イメージ図を始めとする資料」に異議が出たそうです。

その為会議所の意見が前に進まず、少なくとも今月中は棚上げ状態の様です。会議所を窓口に地元商店街の意見を聞くとしてきた市の方針が暗礁に乗り上げた状態です。そんな中今日「建設委員会」が開催され委員会としての結論を出すことになっていますが、条例案が可決されたら(可能性が大)議員は市民意見をどの様に受け止めているのか、疑問を感じます。

市長が公言をした「150万人の賑わいの創出}」が出来るのなら、球場がその為にジヤマになるのなら、球場解体止むなし、今までの経緯を顧みると、そこの議論が出来ておらず、解決していないと思います。
「4、5年も議論をして来た」と言われますが、私はしていないと!と断言します。
22日には議会としての結論を出さなくてはいけません。
その間の「賑わいを創出」を図る為に「暫定利用案」を創ったのです。(ワイワイスタジアム)
各種報告 | permalink | comments(0) | -