宮本健司の思い

元広島市議会議員の宮本健司です。
2011年5月1日付で12年間の議員生活を退任致しました。長い間たくさんの皆様に支えていただきましてありがとうございました。これからも個人的に広島の街づくり、プライベートの事について書いていきたいと思います。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

北方領土の日

「北方領土開発」 今日の新聞に、ロシヤは今年に入り、クリーク(北方領土と千島列島)の投資、開発プロジェクトに第3国を巻き込む姿勢を明確にし始めた。 特に中国、韓国の企業に熱心に働き掛けている模様だ。 尖閣諸島や竹島の領有権を訴える両国はすでに、ロシヤ経済の重要なパートナーと認識されている。と報じています。 日本の隣国と云えば中国、韓国、北朝鮮、ロシヤで、北朝鮮を除いた3カ国と(北朝鮮は領土問題以外の諸問題)「イザコザ」が絶えません。 「尖閣諸島問題」で後手後手に回った日本政府!外交は「シタタカ」で、「ネバリ」強く、「アツカマシサ」が必要だと考えます、国益の為なら「ナリフリ」かまわず、自国の主帳を押しつけ、味方の国をいかに取り入れるかに掛っています今日本の隣国は「話せば解る」国は有りません! 世界の各地で起きている紛争の多くは、領土問題が絡んで居ます。 日本も以前(各大戦)で領土拡大をはかって来ました。その反省は忘れず、その一方で国を守る、領土を守る決意が必要なことを、国民が、政治家が、もっと真剣に考えるべきです。 なぜ北方領土の日があるのか、過去にさかのぼって国民全員が思い起こす記念日にしたいものです。
時事ニュース | permalink | comments(0) | -

感動をありがとう(青の軍団)

日本列島を燃えさせた、南アW杯、「青の軍団」8強進出は叶いませんでしたが、最高の試合を見せてくれ、久し振りに日本国民が熱き思いを抱き、一喜一憂させ、心を一つにさせてくれた「青の軍団」(控えの選手、スタッフ、関係者を含め)に感謝しお礼が云いたい。
「勝負は時の運」を改めて感じた、昨日の試合でした。
地域予選から始まったこの数年、青の軍団の皆さん、そして家族の方々「多方面からの重圧の下」精神的、肉体的に辛抱された結果が昨日の好試合に代表されたと思います。
胸を張って、元気に帰国される事を念願しています。
時事ニュース | permalink | comments(0) | -

混迷・迷走

鳩山政権が9カ月で退陣しました。英国BBCの記者の表現を借りると「はっきりしているのは4年間で5人目の首相とゆうことだけだ!」今日民主党の代表選が行はれ誰(菅副総理が有力)が選ばれても、自由民主党時代から(安部、福田、麻生、鳩山、今日選ばれる人)5人目です。なんとも寂しい限りです。
諸外国は日本丸の船長は誰?そんな気持ちになっていることでしょう。
民間で、会社の社長がこんなにコロコロと変わると,取引業者は相手にしなくなり,その会社は衰退していきます。
今の国政は諸外国からみると,本気で,腹を割って話せるのは誰か解らない,そんな状態では無いでしょうか。
誠に情けない限りです。(誠に申し訳ありません、急用で出掛ける事になりました、つづきは又書きたいと思っています。ごめんなさい)

テレビを見ると「菅総理大臣誕生」と写しだされています。鳩山前総理は、小沢幹事長を道ずれに退任された様ですが、小沢さんがこのまま黙って居るとは到底考えられません。民主党政権を創り「鳩山!」お前を総理にしたのは誰だと思っているのか!そんなどなり声が聞こえます。
9月25日には「民主党大会」が行われる予定で、総裁選が行われます、今回の総裁選、静かに事の成り行きを見ていましたが、9月の党大会では「小沢色が濃い候補者」を担ぎ、一波乱あるのではないかと思っています。
英国BBCの記者の話しではありませんが、意外に「菅政権」短命に終わるのでは無いでしょうか。

7月11日参議院選挙、今回の内閣総辞職により2週間伸びて7月25日が投票になりそうです。内閣改造、認証式、亀井静香大臣が情熱を燃やしている「郵政法案の改正」その他法案を今議会成立させる為には会期延長止むをえず、のムードの様です。(国民が投票日に持参するハガキの印刷は7月11日で済んでいるとか、誠に血税を無駄にしています)

鳩山総理を、混迷!迷走!朝令暮改!等と政治姿勢を表現して来ました。言葉の意味を改めて広辞苑で引いてみました。

混迷=混沌としてわけのわからないこと。混乱して見通しのつかないこと。「−する国際情勢」
迷走=定まった経路をとらず、不規則に方向を変えながら進むこと。
朝令暮改=朝に政令を下して夕方それを改めかえること。命令や方針がたえず改められてあてにならないこと。


時事ニュース | permalink | comments(0) | -

タイ その後

昨日タイの娘1からメールが来ました。新聞、テレビの報道によると、かなり激しい内戦状態になっている様です。バンコクの日本人学校は昨日今日と臨時休校にして、様子を見てその先の学校運営を決める様ですが、娘達の住んでいる、シラチャの日本人学校は平素どうりの授業を行っているようです。しかし電話での話ではバンコクより北部の人々が日当を貰ってデモに参加していた様ですが、最近はシラチャ(バンコクより南高速で2時間)の人達もデモに参加している様で、この内戦長期化する可能性も出てきた気配がします。国民からすれば「一握りの人(政治家)」の為にこんなことになるのは不幸です。せめて「国王がお元気であるならば」収集も早く付いたかもしれません。

娘からのメールです。・・・・・今日、日本政府がタイの危険レベルを1段階上げて「渡航を延期してください」にしました。4段階中の2番目で、この上は「退避して下さい」です。前に詳細が来ていた時によれば、「どういう目的であれ、渡航を延期してください。在留邦人は万一に備え退避準備をしてください」でした。怖い国にいるんですね〜。

タイを始めアフリカ諸国アフガニスタン等、内戦が起っている国、国情が安定しない国、どの国の内情を見ても、国民不在の感がします。主権「在民!」この事を忘れない様にするべきです!


時事ニュース | permalink | comments(0) | -

今朝の朝刊 各社の一面トップ記事

今朝の朝刊 各社の一面トップ記事をピックアップしてみました。

産経新聞
「北朝鮮 スカッド供与同意」
北朝鮮がミサイル開発で協力関係にあるシリアに対し、同国からレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラへのスカッドミサイルの供与に同意した。

讀賣新聞
「法人税下げ必要性明記」
経済省の成長戦略で重点産業5分野の法人税実効税率を国際的な水準まで引き下げる必要性を政府機関として初めて打ち出す。

中国新聞
「県内/普天間方位」
住宅密集地に隣接した危険性が指摘される米軍普天間飛行場の早期返還と県内移転設置反対を訴え、同飛行場の外周約13キロを”人間の鎖”で包囲した。

朝日新聞
「虐待対応地域格差7倍」
児童福祉司の不足が主に都市部で深刻化し、一人当たりの担当件数で都道府県の最大格差が7倍に上ることが分かった。財政難で迅速な対応に支障をきたす恐れもある。

毎日新聞
「内閣不支持率6割超」
全国世論調査で、鳩山内閣の支持率23%、1ヵ月前より10%下落、不支持率は62%で先月比10%上昇。
鳩山政権は危機水域に近づいたと云えるが、それでも民主党は「小鳩」体制のまま夏の参院選へ突入しようとしている。

日本経済新聞
「自治体監査を厳格化」
総務省は自治体の支出の中身や財政状況などを監査する制度を抜本的に見直す。
「なれ合い」との批判もある既存制度は廃止し、複数の自治体が共同で監査専門の組織を設置する仕組みにする。
監査の資格制度の創設も検討する。国から地方への権限移譲が進む一方で、自治体の不正経理が相次いでおり監査機能の強化が求められている。

以前から各新聞の一面トップ記事を比べて見ると新聞社の報道に特徴が出るのではないかと思っていました。毎日やってみると、右寄り、左寄りの記事が多いなど出てくるかもしれません。今後も機会があればやってみたいと思っています。(短い文章にする為、カットの仕方ではニュアンスが異なるかもしれません)
時事ニュース | permalink | comments(0) | -

幸せな国のつくり方。

幸せな国のつくり方。

みんな、いいときはいいんです。でも、うまくいかなくなると、誰かのせいにしたくなる。
よく考えてみると、だから、景気のいいときの首相はいまだに人気があって、悪い時の首相は任人気がイマイチ、なのかもしれません。
たしかに、政治家にもいろいろな人がいますが、みんな、日本をよくしたい!と頑張っているんだろうと思います。
なかなかうまくいかないことも、裏目に出てしまうこともあるでしょう。自分達で選んだ人なのですから、ちょっと大目に見て、応援することも必要なのかな、とも思うんです。正直、みんなで足の引っ張り合いばかりしているようで、少しうんざりしてしまうところもありますが・・・。
とはいえ、人のせいにしてしまうのは、カンタンです。
でも、実際に自分でやるとなるとなったら、これはタイヘン。
そう考えると、いま選挙の最後の頑張りで声を枯らしている政治家を見かけたら、みんな頑張れ!という気持ちにもなってしまいます。もちろん成果のでないときには辛い点数をつけなくちゃいけないこともあるでしょうし、新しい風が必要だなというときだってあるでしょう。
そろそろ政治には、勇気をくれるようなものをきたいしたいところです。
ところで、景気対策も大切なのですが、日本よりお金がなくても、みんなが幸せそうな国だって沢山あるような気もします。
もし本当の意味で未来を変えるとしたら、誰か一人の力や、どこかの政党のマニフェストなどではないのかもしれません。
私たちひとりひとりの、日本をよくしたいという気持ちでしか変えられないのではないか、とおもいます。私たちの未来は、私たちの心の中にしかないのです。
そして、最初の未来は、いまあなたのとなりりにいる人を大切にすることから始まる、と信じます。きょうから、「そっと きゅっと」


皆さん上記の文章はどなたのものだと思われますか?
なんと2009年8月26日の産経新聞の見開き一面に掲載された歌手のSMAPの新曲「そっときゅっと」の広告宣伝でした。
しかしこの文章を読んで、私も広島市の政治に携わらせていただいている一人としてなんだかとても心が熱くなる気がしました。
このように考えている方が一人でも増えると「幸せな国」が出来ていくのかもしれません。私も機会があれば曲も聴いてみたいと思います。ご興味ある方は本日の産経新聞をご覧ください!
時事ニュース | permalink | comments(0) | -

娘1 タイ報告

娘1が16日まで不在の為、娘2に「ニュースは早くないと意味なし」早速、転記してくれました。

娘1のブログ
パタヤ、大変な事になっていますね〜。赤組(タクシン派)さんも黄組(現政権支持派)さんもタイ全体の国益と言うものを考えられないのでしょうか?
今回タイにとっては大変重要だったASEAN会議なのに、国際的権威失墜を招く結果となって、本当に残念と言うかムカつく〜というか。いい加減にしなよ〜と言いたい気持ちです。新年の王様のお言葉を、全く分かってないとしか言いようがないですよね。(自分のした結果がどのような事態を引き起こすかを考えて行動するように。でした)
とにかくパタヤの観光もイメージダウンは免れず、景気悪化を助長した形になったし、今後タイの国際的な位置はどうなるのか心配です。

それにしても、現政権にしても何でロイヤルクリフ周辺を封鎖して出入りできないようにしておかなかったんでしょうか???あの立地条件を選んだのは警備の点からだと思っていたのに(小高い丘にあるので封鎖がしやすいのでは?)簡単に突破されて、あろうことか各国首脳がいる会場に乱入させるとは!!!
もっと警備体制を本気で考えるべきだったのではないかな、と思います。一度失った信用は取り戻すのが困難です。タイの未来は・・・。どうなるんだろう?

「コメント」
政権の安定は国の安定です。国の安定は国民の経済的、生活の安定、心の安心に繋がり、ひいては国際間の信用問題に発展します。以前ブログにも書いたように、タイの一番の外貨獲得は「観光産業」です。大変なイメージダウンに繋がります。(kenji)
時事ニュース | permalink | comments(1) | -

タイ雑感癸

世界同時、大規模、経済大混乱は、タイ経済にも打撃を与えています。一昨日タイからの電話で、前回のブログで「タイ雑感」のなかでも書いた様に、空港占拠を始め、政治闘争による観光客離れが観光業界はもとより、末端の土産物製造業者(個人、中小、零細企業が殆ど)にも出始めていて、いくらノンキな「タイの人たち」と云えど「仕事が減った」と言う声が出始めているようです。 政治の安定が国民の生活に大きな影響を与えている、いい例ではないでしょうか。政治に携わる者の一人として責任の重さを再認識しています。

息子は自動車関連の会社に勤務しています。次年度予算組をしても10日もしない内に、悪い情報が集まり組みなおしましたが その後の状況の変化に伴いまた組み替えなければならない状況になっているようです。
日本でも始まっているように派遣社員、季節労働者の解雇と同じようにまず解雇をしなければならない段階がくるのではないか。
その為には最悪の場合、タイ現地の人の解雇から始まり、その次は日本からの出向社員の家族の帰国、そして現地の日本人の帰国ということになるのではないかといろいろと心配しているようです。
タイ経済も大変曲がり角にきているようで 状況が読みにくいようです。
1日も早く世界経済の不安が治まることを祈ってやみません。
時事ニュース | permalink | comments(0) | -

今日の新聞から気になる記事

今日の新聞に「原油100ドル割れ目前」!![ちなみに原油の単位をバレルと呼びます。原油の運搬をするとき、「樽=バレル」に詰めて馬車で運んだという歴史よるとされています。(1バレル=159リットル)]7月初旬は147ドル台でした。ニューヨークの原油先物相場で10月渡しが一時、1バレル=99・99ドルをつけ、五か月振りに100ドルを割り込んだ。日米欧の景気減速で需要の伸び悩み、(日本では企業の倒産が起こっています)米国投機的な取引に対する規制強化が投資家の心理を冷やした、と報じています。サブプライムローンに端を発した今回の「原油高騰」食料品の度重なる値上げを始め、あらゆる物品が高騰しています。(後進国では、そのため食糧不足を招き深刻な問題になっています)産油国の中には後10年〜20年で枯渇する国もあるようで、高値で売買出来るのは大歓迎、そのお金で今のうちに国を整備し、活性化させようという思惑があるようで、オペックも足並みがそろはなかったようです。
限られた投資家、産油国の動向によって世界経済が振り回される、それが自由経済の原理、原則です。とわいえ割り切れないものがあります。
今広島でも不況による倒産、倒産予備軍?の名前が取りざたされています。知り合いの会社の名前もチラチラでていますが、私にはどうする事も出来ないもどかしさを感じています。
また国レベルでは、自由民主党は総裁選挙に5人立候補され、全国各地で論戦が戦わされていますが、まず取り組むべき問題は景気回復だと思います、いまなら下り坂の途中、坂を落ちてからでは引き揚げるのに時間と力が必要です。民主党は小沢一郎さんに決定してますが、誰か立候補して論戦を戦わして欲しかったと思っています。
もう衆議院議員の投票日が早ければ10月26日(日曜)、また11月9日(日曜)に成るのではと、取りざたされてます。来年早々選挙と云われていましたが、年内それも早い時期に有りそうです。
時事ニュース | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

昨日、今日のこと

昨日八月二十二日「現球場跡地利用策の提案」(「新平和公園」の実現に向けて)広島商工会議所から提案のあった内容をより詳細に、我々の思い、意見を交わす勉強会を会議所の都市機能強化委員会のメンバーと行いました。内容については「広島市議会議員谷口おさむ」のブログを検索ください。
広島100年の大計に立って見た時、基本的には大変良い、面白い提案だと思います。
実現させる為には時間がかなり必要ですし、時間を掛けるべきです。(20日の私のブログをもう一度ごらんください)
以前ブログにかきましたが計画案の合意が出来るまで、、現球場を急いで解体せず有効活用するべきです、色んな活用策があります。(外野部分は構造的にも老朽化が進んでいますので解体する)活用期限を示し、広く市民から公募する。そんな思いでいます。
今日の新聞に広島大跡地再開発、市、大学にアーバン「事業困難」正式に伝達と報じています。「知の拠点再生プロジェクト」案は地元にとって、・国際人材育成センター・専門学校等若者が少しでも帰って来てくれる、このことが最大のメリットだとおもっていました。仮に大型駐車場付きショツピングセンター、マンション等ばかりでは、地元の活性化にはつながりません。そのことは大型ショツピングが市内に多く有りますが地元の商店は反対に痛手を被っています。そんな事を考えると頭が痛く、若者達が「オジサン達イラナイ事考えないで、今のままにしておいて!」それが正解かも?しかし地主である財務経営センターは一時も早く財源にしたい、そんな狭間のなかで、今後とも背を向けないで、地元活性化のため、商店街を中心に皆さんの声を聞き注視して行きたいと思ってます。アーバンの事をいつまでも引っ張っても、しかたありませんから・・・・・・・・
時事ニュース | permalink | comments(0) | trackbacks(0)