宮本健司の思い

元広島市議会議員の宮本健司です。
2011年5月1日付で12年間の議員生活を退任致しました。長い間たくさんの皆様に支えていただきましてありがとうございました。これからも個人的に広島の街づくり、プライベートの事について書いていきたいと思います。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

旧広島市民球場問題

広島市が平成15年度に制定した「広島市住民投票条例」にのっとり、旧球場の保存に向け、市民意見を聞く為の「住民投票」を行う動きがあります。その時の判断材料の参考にしてもらえたら,との思いでー欲張った写真に「旧市民球場跡地利用」のブログを書きました。
したがって、私的コメントは出さない様にした積もりです。
明日(12日、日曜日)「住民投票」を行いたい、と行動をしておられる、団体の集会が13時30分からあります。(旧市民球場前集合、14時から本通りをアピールしながら行進予定)
勿論参加します。
尚(「住民投票」を行う為には保存に賛成のかた約95000人の署名が1ヶ月以内に必要です)
広島市民球場建替えについて | permalink | comments(1) | -

欲張った写真に〜旧市民球場跡地利用〜

20100903112159.jpg

旧広島市民球場の解体阻止に向け、各団体が行動を開始されています。
「遅きに失する」感もしますが、「明日からでは遅いが、今日からでは間に合う」(今日とゆう日は今日だけです、今日の明日は明日、明日の明日は・・・・・と続きます)
何事も諦めないで行動に移すことが大切です。
各団体の方々の勇気ある行動に敬意を表します。

市が発表したイメージ図から推測して、旧球場その他の施設と会議所のおおまかな位置関係がどの様になるのか写真に撮りました。
解りづらいので解説しますと。
丸い建物が旧市民球場で、橋脚そして黒く床が写っているのがバスセンターの斜路で、写真の下に斜路が見えるのがシャレオの駐車場から出てくる車の出口です。(メルパルクの北隣りそごうの駐車場前から撮影)
バスセンターの斜路の延長線より北側(右側)当たりが会議所の前面に成るようです。数辰慮躡垢詫りますが、だいたいの位置は解って頂けたと思います。
あとで気付きましたが、ベターの撮影ポイントはバスセンターの旧球場より(南側)バスのりばです。
機会を見つけて撮影に行くつもりです。

広島市の提案するイメージ図はこちらです


私が撮った写真は右下のバスセンター予定から道路を挟んでかかる陸橋(通路)の下になる予定のところです。
陸橋のすぐ横にある建物が新しい商工会議所予定となっています。
広島市民球場建替えについて | permalink | comments(0) | -

この風景「今年いっぱい」

20100824150552.jpg

(先日、信号待ちの時、メルパルク、旧市民球場、会議所、このアングルの写真は撮れなくなる!と思いシャッターを押しました)
今日の新聞に「旧広島市民球場の歴史と未来を守る会」の皆さんが広島地裁に、球場の解体禁止を求める仮処分を出されたと報じています。会員の勇気ある行動に、感謝し、賛同を表明します。
振り返って見ると、「コンペをやつた」「広く市民意見を聞いた」として、事を前に進めて行こうとする行政のやり方に、未だに疑問を持っていいる、一人です。
★ヤード跡地に新球場を移転させる時の条件(促進会議は現在地を優先するが、やもえない場合は、ヤード跡地に移転を検討する)
○市の当局の答弁ー現在地では3万人の収容は無理である、(狭いけど今でも3万人収容は現実としてある、ある設計会社の無理やりな図面に対し、収容可能な図面を書きました)
○ヤード跡地に移転すると90億円以内で、工事費は可能だからヤード跡地にする、(あの球場が90億円で出来ていますか?はっきりした数字はいくら問いただしても正確な金額は不明です、本体だけでも115億円は掛っていると思います)
★ヤード跡地に移転した跡地は「年間150万人の賑わいの創出を計る」と公言したのです。

跡地検討委員会を立ち上げて、広く国内外からアイディアーを募集し、優秀案2点を決め(コンペで2つを決めるのは変な話、これがコンペのつまずきの元)優秀案と決定さてた時の名称、規模、面積、姿図など大幅に変更し「馬耳東風」を決め込んで今日に至っています。
当選案は
◆「ミナトマザーズステイジ」−−今は「森のパビリオン」
◆「平和記念聖堂」−−今では「折鶴ホール」
6月1日に両案を取り込み、イベント広場、会議所の移転等を盛り込んだ「イメージ図」を公表しました。
それに対し多くの市民から「年間150万人の賑わいを創出」が出来る案では無い。等と多くの意見が寄せられました。(文字数の関係で他の意見は省略)
8月19日の「都市活力創造対策特別委員会」で「現状及び今後の取り組み」について。(抜粋で書きます)
(1)商工会議所の移転や、全国菓子博覧会の開催(仮設のテントその他建物がメイン会場でなく、グリーンアリーナーがメインにならないと、食品を扱うから,仮設なら今のグランドで充分、解体した跡地より良いかも)も予定されていることから、平成25年春の完成をめざす。
(2)平成22年度第3回市議会定例会において、「旧広島市民球場条例案を廃止する条例」が修正可決された、
8月末まで利用を継続し、10月頃を目途に、オークションイベントやインターネットオークション等実施する。
(3)オークションイベントの後、速やかに旧市民球場の解体に着手したい。(10月の終わり頃から解体)

そんな経緯の中で「旧広島市民球場の歴史と未来を守る会」の皆さんが「旧球場解体禁止仮処分」を地裁に提出されたのは、最後の時だと思います。
「年間150万人の賑わいを創出」の議論が出来るようなシステム造りを本気でしていない私は「重大な責任」を負っています。      反省しても、反省しても悔やまれます。
広島市民球場建替えについて | permalink | comments(0) | -

市長コメントについて

谷口議員がブログで市長コメントについて記載されています。

谷口議員ブログ タイトル 市長コメント
広島市民球場建替えについて | permalink | comments(0) | -

旧球場暫定案の詳しい内容について

皆さんおはようございます。

旧広島市民球場についての暫定整備案のHPが出来ました。

是非 いろいろな方に情報を発信していただければと思い

データのダウンロードも出来るようになっています。

簡易版チラシの部分はPDFでダウンロードしていただけます。

いま 暫定案を考える仲間が一生懸命配布しているものです。

是非 お知り合いの皆さんにお知らせください。

http://www.kyuujyou.net/
広島市民球場建替えについて | permalink | comments(0) | -

旧市民球場跡地利用案

先日 ブログに書きました旧市民球場跡地利用案のPDFを見ていただけるように しましたので下記のリンクをクリックしてください。 (同じ画面で開くので”戻る”ボタンで戻ってから次のページをご覧ください) 注:画像が入っているものは表示されるまでに時間がかかる場合があります。 広島市民ワイワイスタジアム案

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/omote

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P1

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P2

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P3

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P4

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P5

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P6

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P7

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P8

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P9

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P10

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P11

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P12

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/P13

http://www.miyamoto-arc.com//kenji/kyujoteianpdf/ura

広島市民球場建替えについて | permalink | comments(0) | -

旧広島市民球場解体を急ぐのをやめようや!

旧市民球場を次の利用目的が決まるまで解体するのをやめ暫定的に利用する案を作りました。
下記に画像を貼り付けますので 印刷したものが必要な方は広島市議会自由民主党新政クラブまたは宮本健司までご連絡いただければコピーをお渡しします。
データが必要な方はメールアドレスをお知らせください!(PDFは70MB)(JPGは6.5MB)

今あるものを壊すのは簡単です。
でも失ってしまえば2度と元には戻りません


私たちは旧市民球場跡地が広島の発展に繋がる活用方法が見つかるまで暫定的に市民が利用できる方向を考えています。

なんで無理に急いで壊さんといけんのんじゃろうか?

わしらの財産の旧市民球場は新しいのが出来たらすぐいらんのんじゃろうか?

壊した後に広島市が発展するんじゃろうか?


多くの市民の方から耳にした言葉です!

私たち「広島市議会の有志」と市民団体「広島創造会議チーム」は疑問に思いました。


広島の復興の証 旧市民球場の老朽化が進む外野スタンドだけを解体し、グランド、内野スタンドを残し市民の野球、コンサート、市民イベントなどに使える多目的広場として使う、そして民間事業者へ業務委託して、施設を有効活用・物産館・食堂(修学旅行生等の飲食の場)などのテナント料を支払ってもらうアイデアが出ました。


これじゃ!

これしかない!


多くの市民の賛同が得られる跡地利用が決まるまで 市民の集まる場所としての提案をします。
地元の皆さんの代表として選んでもらった議員は広島市が発展する事が第一です。
しいていえば住んでいる我々広島市民とその家族、孫子の代まで「住んでみたい広島」「住みやすい広島」の街づくりの為に。

平素広島の街創りに携わっている者として
新たな構想が出来、固まらないままに壊す事に納得できません。
多くの機会で議論し、説明を受けている我々が納得できないものを市民の皆さんに理解を求めても(失礼)納得いただけないでしょう。


だから市民の皆さん今一度再認識してください。
旧市民球場はまだ役目を終えたわけじゃないのです。
形を変えて(跡地の再利用が決まるまで)多くの市民に観光客の方に活用いただき、広島を元気にすることが出来ます。

これじゃ!

これしかない!


が出てくるまで・・
それが戦後の復興の心の支えだった広島市民球場の最後の役目じゃないんですか?
壊した後に後悔なんてしたくない。

だから、我々は言います!
旧市民球場の解体を急ぐのをやめようや!



        ↓市民と市議会の有志で考えた案です


広島市民”ワイワイ”スタジアム(仮称)
表紙


1ページ目


2ページ目


3ページ目


4ページ目
P4

5ページ目
P5

6ページ目
P6

7ページ目
7

8ページ目
8


9ページ目
9

10ページ目
10

11ページ目
11

12ページ目
12

13ページ目


裏表紙



賛同してもらえる方は是非ブログに書いてください!
広島市民球場建替えについて | permalink | comments(2) | -

秋葉市長!本当に貴方の発言(その1)

昨日の新聞に「東京が五輪招致に再挑戦する」と石原都知事の発言を受けて、市長がインタビューに応じている記事がありました。広島、長崎に五輪を招致する活動については、以前ブログにこんな事を書きました。市民の皆さん、議会でもこのことについては色んな意見が有り、12月定例会議(12月8日開催)2月定例議会、予算特別委員会で議論の的になる、五輪招致はJOC、IOCのハードルが余りに高く、それを飛び越えるのにかなりのエネルギー(財政的、人材的)が必要で、今の広島、長崎にはそんなエネルギーは有りません、と。
 
記者の質問でー財政負担を懸念する声もありますがーに対して、市長が(回答の前文省略)マツダスタジアム(新広島市民球場)建設のように、他都市では200億〜300億円かけて月並みなものしかできないのに、広島は90億円で立派な球場を造った実績がある。 と答弁されたと言う記事を読みました。この記事を読んで、一日、その真意のほどは何なのか考えました、同じ公共団体が類似な施設を造って2倍〜3倍以上の費用が掛ると発言されているのです。「他都市は無駄使いしている」「他都市には安く造るノウハウがないが、広島にはある」「広島の職員は優秀だが?」「広島は建築資材が安い、労賃が安い?」・・・・・・・というような意味でしょうか?

地域性で1〜2割変動が有ることは、ままあります。市長が本当にこのように発言されたのなら残念です。正確な数値を確認して発言するべきで、無責任な発言は慎んで欲しい!と強く感じました。(ものごとには一定の基準を示して比較すべきです) 先般の決算特別委員会第3分科会で、球場、周辺道路整備、球場へのスロープ等工事費は幾らになったのか?質問をしました。土地代を含めて181億円です。カープの別負担工事費(20〜25億円掛っているようです。12月カープの決算で明らかになる)、グランド下部の大洲雨水貯留池の建設総事業費45億円を含めると、総合計246〜251億円です。(上段にも書きました、何処までの範囲の工事費なのか市長は理解不足での発言です)

市長が以前から発言されている90億円(土地代金は別)は球場本体部分の工事費です。確かに市の発注工事費は89億円です。しかしこれは、上記にも書いたとおり、あくまで本体部分の費用のみなのです。カープの別工事負担金20〜25億円とスロープ(スロープが無かったら観客は入れません)の工事費の3分の2である、5億円を加えますと114億円〜119億円になります。他都市と比べて、半額以下の金額で建設できたわけではないのです。(細部の金額は別の機会にします。)

責任ある立場として、他都市に失礼のない発言をして欲しいものです。 ちなみに倉敷のマスカット球場、松山の坊ちゃん球場は110億円〜120億円の総工事費で完成しています。ただし、私見ですが、新広島市民球場は上記の球場より1、5割程度安く出来たと思っています。(担当職員の血の出るような努力の結晶に感謝!) その2はこちら
広島市民球場建替えについて | permalink | comments(1) | -

都市・経済活性化対策特別委員会

表題の委員会での第1・1旧広島市民球場跡地の活用について、当局の説明を交えて私見を述べたいと思います。
説明資料
1目的
 旧広島市民球場のある紙屋町・八丁堀周辺地区は、本市の活性化を図る上で重要な地  区であり、より一層魅力を高めていく必要があります。
 このため、旧広島市民球場跡地の活用について都市公園としての利用を前提に、世  界遺産である原爆ドーム周辺の雰囲気と都市的な賑わいとのバランスがとれた空間ず くりを目指し、民間の活力とノウハウを活用することを基本的な考え方として検討を 進めています。

 以後*の部分は私見です。
2経緯
 平成17年(2005年11月15日
 〜平成18年(2006年)1月20日 市民や民間事業者からの提案募集

 *(私なりに平成18年5月〜19年4月までの間を取りまとめると)この間広島市 民球場跡地利用検討会議において「跡地利用の方向性」をとりまとめ、
 26件の民間事業者からの提案の中から11件を選定、11件の提案者を対象に事業 計画案を募集(応募件数6件)  ーーー選考委員会で3件を選考
 (検討会議と選考委員会は別です)

 平成19年(2007年)8月23日  選考委員会から市へ選考結果を報告《優秀                    案2件》
 *選考委員会の議事録を読みました、「水な都(みなと)マザーズステージ」で決ま りかけていましたが、「平和祈念堂」(折鶴保存・展示施設)突然浮上した感じに  読み取れます、そして2案が優秀案として選ばれました(事業計画案の募集=事業コ ンペ、選考委員会を立ち上げて事業コンペの実施ならば優秀案はあくまで1点、次が 準か次点となるのではと考えます)。議事録を読んで疑問を感じました。

 平成20年(2008年)2月6日   商工会議所会頭から市長に対し、跡地利用                    計画について意見交換の申し入れ
 *会議所会頭から会議所の移転も視野に入れて、と申し出がありました。

 平成20年(2008年)8月12日  商工会議所から市に対し、現球場跡地利用                    策について提案を提出

 平成20年(2008年)9月15日 「現球場跡地利用の基本方針(たたき台)」                    の作成・公表

 平成20年(2008年)9月16日
 〜10月10日            基本方針(たたき台)について市民等から                    意見を募集《意見件数642件》
 *2日間に渡って各種団体から意見を聴く会があり、傍聴にいきましたが内容的に物  足りなく(ガス抜きの感じ)2日目は欠席しました。(一日で約10団体と記憶し  ています)

 平成21年(2009年)1月30日 「現球場(広島市民球場)跡地利用計画」の                    作成・発表
 *旧市民球場の一塁側内野席の一部、ライト側外野席の一部は残す(イベント会場の  観客席)、会議所は東側(旧市民球場の正面玄関当たり)に移転、レストハウスも  付随。(PL教団との移転問題は協議中=移転を検討して頂けるならば、市として   は、代替え地の提示などの協力、支援をさせてもらう等3項目について、市の跡地  の活用などを文章で依頼、PL教団側から、現時点では白紙だが市から提案があれ  ば協議に応じたい)PL教団えの依頼は昨年10月頃。勿論「折鶴展示施設」は表  記してあります。

3、現状及び今後の取組
 (1)旧市民球場跡地の利用については、賑わいを創出する観点からも、平成21年 (2009年)1月に作成した利用計画に基づき、速やかに事業に取り掛かっていく必要  があります。
  *会議所の移転も、会員の意向、移転に掛る費用の問題など会議所内で解決すべき   問題があります。前の*印の私見で述べています様に、解決しなくてはならない   問題を抱えており、なにも今更急ぐことはないと思っています。

(2)しかしながら、平成21年(2009年)第1回市議会において、跡地利用に関する  予算が一部減額されたことから、幅広い市民の意見を聴きながら、緑地・広場や新  たに導入する施設の配置や規模、跡地全体のイメージパースの作成など、利用計画  を具体化するための検討に影響が生じています。
  *今年の予算特別委員会で(2)に記してある事項に必要な1930万円の予算を   議会は否決しました。議員も市民から負託を受けています。この予算を認めると  「折鶴施設」の建設を容認したことになり、市民から聞こえてくる声、市民アンケ   ートの結果は「折鶴展示施設」不要論が大半を占めており市民意見に反すること   になります。
  市長は議会が予算を一部減額した為に跡地の利用計画が前に進まない!悪いのは議  会側にある!(2)の記実は大変不愉快です。(市長記者会見で同じ様な発言をさ  れている)
(3)引き続き、跡地利用計画の進め方について、商工会議所と協議を行っていきま   す。
  *前にも述べた様に、会議所としてもまだまだ難問があります(6月2日に商工部   会の会議がある、どの様に話が進むのか情報待ち)
広島市民球場建替えについて | permalink | comments(0) | -

現球場跡地活用の参考に!

「アミューズメントパーク子供が喜ぶ新戦略」今テーマパークが変わろうとしている!とテレビが報じていました。内容は観覧車、ジェットコースターなどの絶叫マシンが先細り傾向から、今後改修に多額の投資が掛るために子供を対象にした遊び施設を(後楽園遊園地、小田急、東急ハイランド、三重のテーマパーク)一部導入、今後広げて行こうとしてます。幸いに跡地には「子供科学館」=星の勉強を兼ねた遊び、科学を題材にした遊び。「ファミリープール」=(オフシーズンは大型水鉄砲遊び等を取り入れた遊び)と子供を対象にした施設とを結びつけると、既存の施設を活用しながら跡地の活性化が出来るのではないかと思いながらテレビを見ました。(市長の無茶な発言150万人を集客する施設)には最初は無理ですが、一歩一歩充実していけば面白いかも知れません。今後研究して行きたいと思っています。(遊び施設が発展して現球場がじゃまになるまでは外野部分だけ解体し残す=以前ブログに書いています、読んで下さい)

今からの広島を考えるには若い人達のアイデアーを取り入れて行きたいとの思いで、
三月から(レギラー5名、オブザーバーはそのつど変わります)7〜8人で月に2回、土曜日昼から開催しています。
 現球場跡地問題の議論の中で、「今朝出掛けに女房の意見で‘あの場所に子供の遊び場所が出来たらいい’」と発言が有り、千田公園にある長い滑り台、大型遊具、ブランコなどを想像し、軽い気持ちで受け流し、他の人からも深い質問もありませんでした。
アイデアーは何処に落ちているか解りません、昔の「ネンダホリ」に帰りたいと思てます。
この会が何時まで続くか解りませんが、会員の皆さんの広島を思う情熱が続く限り続けて行きたいと思っています。(土曜日仕事の人、休みで家族サービスをしたい人、無理をして参加=感謝)


広島市民球場建替えについて | permalink | comments(0) | -