宮本健司の思い

元広島市議会議員の宮本健司です。
2011年5月1日付で12年間の議員生活を退任致しました。長い間たくさんの皆様に支えていただきましてありがとうございました。これからも個人的に広島の街づくり、プライベートの事について書いていきたいと思います。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 市場の様子 | main | 雑感 >>

電車の旅

いつか仕事を辞めたら「電車」か「船」でのんびりとした旅をするのが夢でした。タイに転勤になった息子から

「タイには、ヨーロッパで走っているオリエントエクスプレスの東洋版があるので、ここにいる間に一度でいいから乗ってみたい」

という話を聞いて以来、500円玉貯金を始めることにしました。1年半かかりましたが、貯金箱がいっぱいになったのと、この春、職を離れたのをきっかけに、孫に

「おい、お前、乗ってみたいか?」

と聞くと

「乗りたい」

という返事。すると女房が、

「この子の代わりに私が3年かけて、500円玉貯金をしていますよ」

と貯金箱を差し出し、孫もその中にチャリ〜ンと3枚ほどあった500円を入れて、

「ワシはコレで乗る〜」

と言い出しました。この機会を逃したらこんなことはもうできない!自分の体力も今なら!という思いで、思い切って乗ってみる事にしました。バンコクーシンガポール2000キロを3泊4日かけて横断する電車の旅です。





いよいよ電車に乗り込みます。



車内はコンパクトにできていて快適。しかし、電車という事もあり、トイレやシャワーなどの水圧が心配になる感じだったので、改めて水の大事さを痛感。
部屋は、孫と2人で使いましたが、お互いにのんびりしました。夜の食事では、正装をしなければいけないという事で、ジャケットにネクタイを着用。



慣れないフルコースと、久々にネクタイを締めての食事に少々窮屈な思いをしました。職を離れてたった3ヶ月なのに、人間楽な方へすぐに慣れるものですネ。電車の中では、



タイ楽器の演奏にも挑戦しました。難しくて、悪戦苦闘。



朝は、各自の部屋に朝食が運ばれてきます。パンがおいしくて、優雅な気分を味わえました。
息子も仕事を何とかやりくりつけて一緒に電車の旅を過ごし、孫もクラブの合宿を休んでの参加。こういう機会はもう無いだろうと思うと、3泊4日の旅の1日1日が貴重で、思い出に残る旅となりました。もう一度やれよと言われても、ちょっと出来ないかもしれませんが(電車内は、英語。孫が通訳。1人ではどうしようもない)、電車のスタッフからは

「次回、またお会いしましょう。ぜひヨーロッパ線で!」

と言ってもらいました。シンガポールからの帰りは、電車のスタッフと同じ飛行機、席も隣で、親しく話を交わし、握手をして別れました。みんな親切で、人情に触れた旅でした。心配していた食事は、娘が

「肉や魚にはソースをかけず、塩コショウのみで味付けを」

とリクエストしていたのが徹底されていて、デザートも何もかもソース抜き。さすがの私もちょっと苦笑気味。しかし、アッサリした味付けで、アレンジされたタイ料理も食べる事が出来ました。息子と孫には色々と世話をかけましたが、男だけの旅というのは、出来そうでなかなかできないことなので、思い切って来てよかったと思っています。

外出先よりブログ更新 | permalink | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

どちらかというと、ずっとのんびりした風景でした。
なかなかできない体験。思い切って行って
良かったです。私の体力では、最初で最後
でしょうが。

車内では、意外と退屈する事無く過ごせたし
雰囲気を満喫できました。ただ、動かないのに
食事の時間が次々来るので、胃もたれしました。
日本人は、つくづく胃袋が小さいですネ。
健司 | 2011/09/01 10:49 AM
久々にブログを覗いてみると羨ましい限りですね。
私もいつかはチャレンジしようと思っているマレー鉄道です。
3泊4日の旅ですか・・・。
今の私では、時間負けしそうです。

ですが、車窓は、のんびりした風景や
都会的な風景や
ごちゃごちゃしたアジアらしい風景など
色々楽しめたことでしょう。

本当に羨ましいですね。
Kenny | 2011/08/29 11:13 PM
コメントする